和菓子の日に日枝神社で和菓子のお祭り「山王嘉祥祭」、アクセスなど

和菓子の日(毎年6月16日)に日枝神社で和菓子のお祭り「山王嘉祥祭」が今年も行われます。

スポンサーリンク

和菓子の日に日枝神社で和菓子のお祭り「山王嘉祥祭」が行われます。

引用:http://www.tenkamatsuri.jp

和菓子の日(毎年6月16日)に赤坂の日枝神社で和菓子のお祭り「山王嘉祥祭」が今年も行われます。

山王嘉祥祭は、徳川家康により江戸幕府が開かれて以来、幕府の重要な催しのひとつとして行われていた由緒ある祭事です。

明治以降は途絶えていましたが、1979年6月16日に全国和菓子協会が「和菓子の日」を制定して、山王嘉祥祭も復活しました。

山王嘉祥祭では、東京和菓子協会の技術者が「菓子司」として神前にて和菓子(煉切)を作って奉納して、万民の「疫難退散」と「健康招福」を祈ります。

奉納されたお菓子は、参拝者にご神供として配られます

今年の山王嘉祥祭は、令和元年6月16日(日)午後1時~、日枝神社にて行われます。

そもそも「和菓子の日」とは?

引用:http://www.tenkamatsuri.jp

和菓子の日は全国和菓子協会によって、1979年(昭和54年)に制定されました。

国内に疫病が蔓延した、平安中期の承和年間に、仁明天皇は年号を嘉祥と改めて、その元年(848年)の6月16日に、16個のお菓子や餅を神前に供えて、疾病よけと健康招福を祈ったとされており、6月16日に厄除け・招福を願ってお菓子を食べる「嘉祥菓子」という習俗が平安期から中世・近世まで存続しました。

これに因んで6月16日が「和菓子の日」という記念日が制定されたようです。

日枝神社について

引用:https://www.hiejinja.net

日枝神社(ひえじんじゃ)は、大山咋神(おほやまくひのかみ)を主祭神とし、相殿に国常立神(くにのとこたちのかみ)、伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊
(たらしなかつひこのみこと)を祀る神社です。

日枝神社の山王祭は、神田明神の神田祭と、富岡八幡宮の深川八幡祭と共に江戸三大祭の一つとして数えられておりますが、京都の祇園祭、大阪の天神祭と共に、日本三大祭としても数えられているお祭りで、例年6月に開催されます。

日枝神社ヘのアクセス

引用:https://www.hiejinja.net

日枝神社所在地:東京都千代田区永田町2丁目10番5号

連絡先:03-3581-2471

アクセス

地下鉄 千代田線 赤坂駅(出口2)より徒歩3分。

地下鉄 南北線・銀座線 溜池山王駅(出口7)より徒歩3分。

地下鉄 千代田線 国会議事堂前駅(出口5)より徒歩5分。

地下鉄 銀座線・丸の内線 赤坂見附駅(出口11)より徒歩8分。

明治神宮でも無料の和菓子配布イベントが行なわれます

引用:https://www.gotokyo.org

明治神宮でも明治神宮菓道敬神会の主催により、同じ様な行事が行われます。

会員の和菓子職人達がその場で和菓子(練り切り)を作り、参詣客に無料配布してくれます。

こちらのイベントは、「和菓子の日」当日ではなく、毎年6月16日の直近の週末に行われておりますが、今年(2019年)は6月16日が日曜日の為、「和菓子の日」当日、6月16日午前11時より(なくなり次第終了)和菓子の無料配布が行われます。

明治神宮へのアクセス

引用:http://www.meijijingu.or.jp

明治神宮所在地:東京都渋谷区代々木神園町1-1

連絡先:03-3379-5511(代表)

アクセス

原宿口(南口):JR山手線「原宿」駅、東京メトロ千代田線・ 副都心線「明治神宮前」駅

代々木口(北口):JR山手線「代々木」駅、都営地下鉄大江戸線「代々木」駅、東京メトロ副都心線「北参道」駅

参宮橋口(西口):小田急線「参宮橋」駅

まとめ

6月16日が和菓子の日だった事も知りませんでしたが、このような由緒あるイベントが毎年行われていたのですね。

時間が取れたら私も是非行ってみたいと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする