アメリカで男性がピューマと素手で激闘、ピューマを絞殺。

アメリカでランニング中の男性がピューマに襲われ、素手で激闘し、ピューマを絞殺したようです。

スポンサーリンク

アメリカで男性がピューマと素手で激闘、ピューマを絞殺。

引用:https://pz-garden.stardust31.com

2019年2月3日にアメリカ、コロラド州のフォートコリンズの町に近いホーストゥース山の自然公園の登山道をランニング中に男性(匿名)が野生のピューマに襲われました

男性がランニングしている時に、背後に何かが居る音がしたので、振り返ってみたところに、ピューマが襲ってきたようです。

襲われた男性は、顔、腕、手首、足、背中などを負傷しながらも素手でピューマと激闘したようです。

ピューマに上半身に乗っかられ、しばらくもみ合った後、男性はピューマを絞殺(窒息死させた)したと伝えられています。

男性を襲ったピューマは1歳以下の若いピューマで、重さは100ポンド(45kg)以下だったと思われます。

今回の事故があった自然公園では、2月4日の午後から安全確認ができる迄の間は、一般の人の立ち入りを禁止しているようです。

因みに画像のピューマは

野生のピューマに襲われる事故は多いの?

引用:http://labaq.com

野生のピューマが人を襲う事はあまりないようです。

コロラド州のピューマの生息数は多いようですが、ピューマは身を隠すのが上手く、人前にはあまり出て来ない為、野生のピューマと出くわす可能性は低いようです。

コロラド州のピューマに襲われた事故は1990年以来で負傷者16人、死者3人出ていますが、北米での死者数は100年以上にわたって20人未満のようです。

もしもピューマに襲われたらどうすれば良いの?

引用:https://natgeotv.jp

日本で暮らしていて野生のピューマに襲われる事は無いと思いますが、万が一旅行先などでピューマに襲われたらどうすれば良いのでしょうか?

コロラド州の公園・野生動物局の人によると

ピューマに攻撃を受けた際の対処法について、過去に、岩や棒や工具や素手を使って追い払ったと紹介した上で、「敏感な目や鼻をターゲットにして反撃してください」とアドバイスしている。

引用:https://www.huffingtonpost.jp

とのことです。

そもそもピューマとは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

引用:https://www.tobezoo.com

ピューマはネコ科の動物ですが、ヒョウ亜科のライオンやヒョウとは異なり、イエネコやヤマネコと同じネコ亜科に属しています。

オスは体長(頭胴長)約1~1.8m、体重約65~100 kgに達し、ヤマネコの中では最大の動物です。

メスはオスより一回り小さいようです。

生息地は主に北アメリカのロッキー山脈の北端から南アメリカのギアナ高地やアマゾン盆地、アンデス山脈の南端にかけて広く分布している他、アメリカ合衆国や南米各地にも散在的に分布しているようです。

ピューマは敏捷で瞬発力に優れ、嗅覚が鋭く、視力も高く、地面に伏せて獲物に忍び寄り、後ろや物陰から瞬発力を利用して一気に飛びかかって獲物を仕留めます。

餌はネズミ、リス、ウサギ、ビーバーカピバラ、アライグマ、ナマケモノ、鳥類、爬虫類、魚類などの他、シカなどの大型哺乳類、バッタなどの昆虫、かたつむりなど、ピューマは何でも食べるようです。

引用:https://www.ehime-np.co.jp

大人のピューマは黄褐色の毛で覆われていて身体に模様はありませんが、子供のピューマは身体に黒から黒褐色の斑紋があります

大人のピューマは耳の縁と尾の先が黒いですが、子供のピューマは尾に黒い輪が見られます。

子供のピューマの身体の斑紋と、尾の黒い輪は成長と共に消えてしまいます。

ピューマの寿命は、野生では10~12年程度のようですが、飼育下では20~25年程度も生きられるようです。

スポンサーリンク

まとめ

ピューマに襲われて、ピューマを撃退した男性は凄いですね。

日本で野生のピューマに襲われる事は無いですが、日本でも野生の熊や猪に襲われた人のニュースを何度か見た事があります。

野生の動物に襲われた対処法などもTVで紹介しているのも見た事がありますが、実際に野生の動物に襲われたら、私などはきっと固まって何もできずに餌食になってしまうような気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする