今年もあります「そぶえイチョウ黄葉まつり」、見所、アクセスは?

「第21回そぶえイチョウ黄葉まつり」が愛知県稲沢市祖父江町で今年も行われます。

スポンサーリンク

「そぶえイチョウ黄葉まつり」とは

引用:http://home.owari.ne.jp

愛知県稲沢市祖父江町にはイチョウの木が1万本以上あるようです。

祖父江町の町全体が黄金色に染まるこの時期に「第21回そぶえイチョウ黄葉まつり」が2018年11月23日~12月2日に行われます。

「第21回そぶえイチョウ黄葉まつり」のメイン会場となっている山﨑会場(祐専寺)の他に、11月23日と24日の2日間は祖父江町体育館会場、そして11月25日はサテライト会場(山崎簡易郵便局 西の田んぼ)でも行われます。

山﨑会場(祐専寺)やその最寄り駅である名鉄山崎駅周辺には、樹齢200年を越える古木、久寿銀杏の原木、イチョウ並木のトンネルなどもあるようです。

写生大会俳句大会写真コンテストなどのイベントもあります。

他には「イチョウの木絵手紙作り」や「各種銀杏加工品の物産販売」などもあり、各種企画でイチョウを満喫できるようです。

山﨑会場(祐専寺)とその周辺は11月23日~12月1日の間、イチョウの木のライトアップもされるようですよ。

アクセス

引用:http://home.owari.ne.jp

メイン会場の山﨑会場は、名鉄尾西線「山﨑駅」から徒歩3分

名古屋から行く場合、名鉄名古屋駅から名鉄一宮に行き、名鉄尾西線に乗り換えられます。

車は渋滞が予想されるので、名鉄電車を利用するのがお勧めです。

引用:https://matsuri.sobue.biz

祖父江町体育館会場、サテライト会場へは、土・日・祝のみですが無料シャトルバスが出るのでそれを利用するのが便利です。

スポンサーリンク

「そぶえイチョウ黄葉まつり」の他の楽しみ

引用:https://www.aichi-now.jp

「第21回そぶえイチョウ黄葉まつり」では様々なイベントが楽しめますが、先に紹介したものの他にも楽しめるものがあるので、紹介しておきます。

1.スタンプラリー

引用:https://www.meitetsu.co.jp

参加者全員に景品がもらえる散策スタンプラリーがあります。

山崎銀杏林セラピーウォーキング(11月23~12月2日)、名鉄ハイキング「黄金に染まるそぶえイチョウ黄葉まつり」コース(11月26日~11月30日)なども開催されます。

2.祖父江ぎんなん

引用:http://www.ja-aichinishi.or.jp

祖父江はぎんなんの日本最大の生産地で、「祖父江ぎんなん」の実の大きさは日本最大級のようです。

その「祖父江ぎんなん」の試食ブースが各所で出店されるようです。

他にも和・洋菓子、麺類などのお店もあるようです。

3.お子さんが楽しめるイベントも沢山

引用:https://matsuri.sobue.biz

人気キャラクターショー、消防はしご車体験、アニマルトレイン、トランポリン、手作りワークショップ、ミニゲーム、など子供たちが喜ぶイベントが沢山あります。

屋台も沢山出店しているようです。

スポンサーリンク

まとめ

祖父江町の町全体が黄金色に染まるのは見ごたえのある景色でしょうね。

そして日本最大級の大きさを誇る「祖父江ぎんなん」も黄金色の町を見ながら食べたら格別でしょうね。

会場も駅から近くて行きやすいのも良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする