11月11日は「ポッキー&プリッツの日」それとも「ペペロデー」?

11月11日は日本では「ポッキー&プリッツの日」ですが、韓国では「ペペロデー」と呼ばれているようです。

スポンサーリンク

11月11日は「ポッキー&プリッツの日」、それとも「ペペロデー」?

引用:http://www.pocky.jp

日本では11月11日は「ポッキー&プリッツの日」と呼ばれていますが、韓国では「ペペロデー」と呼ばれていて、友達、恋人、お世話になっている人、などにペペロを贈りあう日になっているようです。

韓国では、ペペロデーはバレンタインデーに匹敵するイベントとなっており、韓国の求人情報サイトが、成人男性1238人を対象にアンケート調査をした所、「大切にする記念日」の回答で、ペペロデーがバレンタインデーを上回った程、浸透しているようです。

そもそも「ペペロ」とはどんなお菓子なの?

引用:https://www.konest.com

韓国のロッテ製菓が生産しているお菓子「ペペロ」はチョコのついた細長い棒状のスナック菓子で、日本の江崎グリコが生産しているお菓子「ポッキー」にそっくりなお菓子です。

スポンサーリンク

韓国語で、ヤセッポチ、ガリガリを意味する言葉が「ペペ」というので、細長い棒状の形状から「ペペロ」と名付けられたようです。

ペペロのポッキー模擬疑惑

引用:https://japanese.joins.com

日本のお菓子にそっくりなお菓子が、韓国では度々登場しており、模擬疑惑もよく起こっているようですが、ペペロもポッキーのパクリではないかと言われている商品のようです。

実際に限定版のペペロ「プレミア ペペロ」に対して、日本の江崎グリコがポッキーの最高級版「バトンドール」に箱の形やデザインが酷似しているとして、「デザイン権侵害禁止請求訴訟」を行い、原告勝訴の判決が下った事があり、ペペロの黒歴史となっているようです。

上の写真は左が「プレミア ペペロ」、右が「バトンドール」です、本当にそっくりですね。

ペペロデーはいつから、どうして始まったの?

引用:https://www.konest.com

ペペロデーは1993年(1994年という説も)に釜山に住む女子高生が、ペペロの形と数字の1が似ている事から、1が4つ並ぶ11月11日に「ペペロみたいにスリムになりたいね」という内容の言葉と共に、友達とペペロを分け合った事が始まりのようです。

韓国の「ペペロ」の発売より、日本の「ポッキー」の方が発売は17年早いようですが、記念日とされたのは、日本の「ポッキー&プリッツの日」は1999年の11月11日からスタートしたようですので、「ポッキー&プリッツの日」よりも「ペペロデー」の方が先のようです。

スポンサーリンク

まとめ

日本では「ポッキー&プリッツの日」といっても、特に大きなイベントにはなっていませんが、韓国の「ペペロデー」はバレンタインデーに匹敵する大きなイベントになっていたとは知りませんでした。

いつか、日本の「ポッキー&プリッツの日」も大きなイベントとなる日が来るのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする