「ぴあ」がチケット販売以外も好調なようです

チケット販売の「ぴあ」が、イベントの主催や、チケットシステムの提供などで好調に事業の幅を広げているようです。

スポンサーリンク

「ぴあ」がチケット販売以外も好調なようです

引用:http://kansai.pia.co.jp

チケット販売の「ぴあ」が、イベントの主催や、チケットシステムの提供などで好調に事業の幅を広げているようです。

一時は赤字転落や雑誌休刊など、厳しい時期もあったようですが、演劇、コンサートなどの、ライブ・エンターテインメント市場が活況な今の時代に合わせた、チケット販売のみではなく、人気アーティストなどのプロモーションや会場運営まで、総合的に関わる事で、好調に事業の幅を広げているようです。

そもそも「ぴあ」とは

引用:http://www.e-gokon.com

映画情報とコンサート情報をまとめた雑誌「ぴあ」が、1972年に創刊されました。

「ぴあ」の創刊は、当時、中央大学の学生だった矢内廣氏が学生起業で創業して、「ぴあ」を創刊されたようです。

雑誌「ぴあ」は、イラストレーターの及川正通氏が1975年9月号から表紙を担当されて好評でした(及川正通氏の「ぴあ」の表紙のイラストは「最も長期間にわたり同じ雑誌の表紙イラストを書き続けた人物」として2007年にギネス世界記録に登録されているようです)。

1984年には、コンサートやイベントのチケットを電話予約で購入出来る「チケットぴあ」が開始されました。

スポンサーリンク

その後、チケット販売専用のWebサイト「チケットぴあ」は1999年から開始されています。

残念ながら雑誌は2011年7月21日発売号の「ぴあ 首都圏版」を最後に休刊されました。

「ぴあ」がアプリで復活

引用:https://www.asahi.com

2018年11月にスマートフォン向けアプリとして「ぴあ」が復活しました。

コンサートやイベントなどの情報を網羅するだけではなく、登録したアーティストの情報を逃さずにチェック出来るファンにとってはとても嬉しい機能のあるようです。

「ぴあ」が音楽アリーナを建設

引用:https://hamakore.yokohama

ぴあ株式会社は、横浜市のみなとみらい地区(38街区)の土地を三菱地所株式会社より30年の期限で借り受けて、地上4階・地下1階建ての収容客数1万人規模の大型コンサートアリーナを建設中です。

2020年の開業を予定しており、「ぴあ」は約100億円を投じるようです。

引用:https://hamakore.yokohama

みなとみらいの38街区はトヨタジョイパークと日産カーパレスの跡地で、横浜美術館や横浜ランドマークタワーに近い大通り沿いというとても便利な場所です。

スポンサーリンク

まとめ

雑誌「ぴあ」には、学生の頃から、社会人になってからもいつもお世話になっていました。

特に自分の好きなタレントやミュージシャンなどが、表紙のイラストに書かれていたときはとても嬉しかったです。

その雑誌「ぴあ」が休刊となった時は、とても寂しい気持ちになりました。

今でもコンサートやスポーツ観戦のチケットはWebサイトの「チケットぴあ」をよく利用させて頂いています。

スマホ向けのアプリも登録させて頂きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする