東京・大田区の牧田総合病院で結核 に集団感染、2人死亡

東京・大田区の牧田総合病院で、2017年11月~2018年7月の間に、入院患者と病院職員ら24人が結核に集団感染して、60代の患者の男女が2人死亡していた事を2018年10月24日に東京都が発表しました。

スポンサーリンク

東京・大田区の牧田総合病院で結核 に集団感染、2人死亡

引用:http://www.makita-hosp.or.jp

東京・大田区の牧田総合病院で、2017年11月~2018年7月の間に、入院患者と病院職員ら24人が結核に集団感染して、60代の患者の男女が2人死亡していた事を2018年10月24日に東京都が発表しました。

2017年11月に男性患者(68)が全身が衰弱した状態で牧田総合病院に救急搬送されましたが、結核を疑わなかった病院が人工呼吸器による吸引などの医療処置を行い一般病棟に入院させました。

入院6日後に肺結核と診断され、結核病棟のある別の病院に転院しましたが、2017年12月に死亡しました。

その後、亡くなられた男性患者が、肺結核と診断されるまでの間、同じ病室に居た患者さんや担当の看護士ら病院職員を調べたところ、23人が結核に感染している事が判明しました。

このうち9名が発病して、60代の女性が亡くなられました

牧田総合病院では当初、救急搬送されてきた男性患者を結核と疑っていなかった為、一般病棟の病室に入院させ、病室の扉も常に開けていた事で結核菌が病棟内に拡散させてしまったようです。

病棟内の換気も不十分だった事も、感染が拡大してしまった可能性もあるようです。

発病しなかった14人は、薬による治療を行っているようです。

牧田総合病院ってどんな病院なの?

引用:https://www.nexture-gr.co.jp

牧田総合病院は、昭和17年に創設され、急性期医療、回復期リハビリテーション、療養型医療、予防医学、介護老人保健施設、在宅医療・介護サービスなど、幅広い医療や予防医学などの幅広い医療サービスを提供している総合病院です。

病床数は本院に284床、法人全体では404床ある大きな病院です。

医師の人数は常勤で57名(うち本院は39名)、非常勤は約80名。

看護職員数は法人全体で正看護師が約310名、准看護師が約20名、看護助手・クラークが約80名、その他職員数も法人全体で事務職と技術職合わせて約500名が働いているようです。

外来患者数1日に700~800人も来院されているようです。

スポンサーリンク

本院は、急性期医療が主なようで、「脳卒中センター」、「消化器病センター」、「腎センター」などを有しており、平成26年5月には「地域包括ケア病棟」も出来たようです。

他に、「回復期病棟」、「療養型病棟」などのある蒲田分院や、介護老人保健施設「大森平和の里」などもあるようです。

牧田総合病院へのアクセスは

引用:http://www.makita-hosp.or.jp

牧田総合病院へのアクセスはJR京浜東北線大森駅から徒歩3分ととても便利な場所にあります。

大森駅JR京浜東北線で品川駅から約6分で行けるようです。

スポンサーリンク

まとめ

この度、お亡くなりになられた方には心よりご冥福をお祈りします。

病院側には再発防止対策をしっかり行ってこのような事が二度と起こらないように努めてもらいたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする