GWは肉を満喫! 肉フェスが東京と大阪で開催、料金、アクセスなど

ゴールデンウィークに、厳選された肉料理を食べ尽くす肉の祭典、肉フェスが東京と大阪で開催されます。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークに、肉フェスが東京と大阪で開催されます。

引用:https://www.jalan.net

平成~令和にまたがる今年のゴールデンウィークは10連休が話題になっていますが、しっかり10連休取れる人はもう出かける予定は決まりましたか?

まだ予定が埋まっていない人や、10連休は取れず、遠方に行くのはちょっと、と言う東京と大阪の近郊にお住まいの方は、厳選された肉料理を食べ尽くす肉の祭典、肉フェスに行かれてみては如何でしょうか?

東京は「お台場特設会場」で、大阪は「長居公園 自由広場」で「肉フェス2019」が、どちらもゴールデンウィーク期間中に開催されます。

開催日時、料金など

引用:https://l-tike.com

開催日時、料金は東京、大阪、共にで同じです

開催日:2019年4月26日(金)~ 5月6日(月)

開催時間:10:00〜21:00(但し、開催初日は12:00〜、最終日は20:00まで)

入場料:無料

飲食代は別途必要です、食券は1枚700円(税込)です。

電子マネーも利用可能ですが、会場内には電⼦マネーチャージャーは無いので、あらかじめ必要⾦額をチャージしておく必要があります。

東京に限り、前売りチケットもあります。

前売りチケットは、①食券5枚 3500円、②ファストチケット3枚綴り 1500円、③ファストチケット+食券5枚 4000円。

前売りチケットの販売期間は、食券は会期最終日まで、ファストチケットは各日前日まです。

チケットの予約は、4/1(月)10:00~ローソンチケットでやっています(Lコード 31290)。

出店店舗とメニューを見てみましょう

引用:http://organic-fujiya.com

東京と大阪の出店店舗とメニューを夫々見てみましょう。

1.肉フェス TOKYO 2019

引用:http://www.nikufes.jp

肉ビストロ De’licieux 29」さんの「神戸牛 肩ロースのステーキ」。

「肉ビストロ De’licieux 29」さんは大崎駅から直通のデートシティ内にある、ワイン原価販売&産直肉のビストロのようですね。

引用:http://www.nikufes.jp

Efes Street Kitchen」さんの「ケバブ(チキン/ビーフ)」。

「Efes Street Kitchen」さんは、様々の野外イベントなどにも出店しているようです。

ケバブグランプリ2017で優勝されているようですね。

引用:http://www.nikufes.jp

門崎熟成肉 格之進」さんの「門崎熟成肉 塊焼き+牛醤」。

「門崎熟成肉」とは、「いわて南牛」を中心とした、岩手県産黒毛和牛を、格之進さん独自の熟成方法で旨みを凝縮させたお肉のようです。

引用:http://www.nikufes.jp

BRIDGE日本橋」さんの「黒毛和牛の肉巻きガーリック飯 チーズがけ」。

地下鉄「日本橋駅」及び「茅場町駅」から徒歩3分で行ける「BRIDGE日本橋」さん。

フレンチの技法をバルスタイルで魅せる料理、ソムリエ厳選のワインやバリスタによるコーヒー、などが楽しめるお店のようです。

引用:http://www.nikufes.jp

大分聖地中津からあげ ぶんごや」さんの「中津からあげ(秘伝醤油仕立て)」。

「大分聖地中津からあげ ぶんごや」さんのからあげは、9年連続金賞・最高金賞を受賞しているそうです。

からあげグランプリ醤油ダレ部門で5年連続最高金賞受賞のからあげが食べられます。

引用:http://www.nikufes.jp

肉酒場ビストロ男前」さんの「柔らか十勝牛ローストビーフ チーズソース」。

本格的肉料理を気軽に食べられる「肉酒場ビストロ男前」さん。

とことん味にこだわった、肉の「前菜全部盛り」は8割以上のお客様が注文されるとか。

コストパフォーマンスのとても高いお店です。

引用:http://www.nikufes.jp

牛たんのせんだい」さんの「厚切り熟成牛タン焼き」。

独自の手法で作り上げられた「牛たんのせんだい」さんの牛たんは、肉厚なのに柔らかく、ジューシーで、「こんなうまい牛たんは初めて食べた」というお客様の声も多数あるようです。

引用:http://www.nikufes.jp

焼肉 赤身 にくがとう」さんの「和牛赤身マウンテン(ガーリックバター醤油)」。

「焼肉 赤身 にくがとう」さんの「にくがとう」とは、

命あるお肉に感謝をもつ=ありがとう(にくがとう)
すべての人に感謝をもつ=ありがとう(にくがとう)

引用:http://www.nikugatou.com

で「にくがとう」という事のようです。

とても良いネーミングですね。

「焼肉 赤身 にくがとう」さんの出店は4/26〜5/1迄ですので、「焼肉 赤身 にくがとう」さんが、お目当てで肉フェスに行かれる方は日程に気をつけて下さい。

引用:http://www.nikufes.jp

リストランテ ツヅキ」さんの「ガッツリダブルスモーク!! 肉厚牛ステーキ」。

都立大学にあるイタリアン「Ristorante Tsuzuki(リストランテ ツヅキ)」さんは、イタリアのミシュラン2つ星レストランで修行されたシェフのお店です。

ミシュラン東京ガイドにも掲載されているようですよ。

「リストランテ ツヅキ」さんの出店は5/2〜5/6迄ですので、「リストランテ ツヅキ」さんが、お目当てで肉フェスに行かれる方は日程に気をつけて下さい。

引用:http://www.nikufes.jp

ショーグンホルモン」さんの「秘伝ダレ 特選極みホルモン焼き」。

新鮮な肉を安価に提供してくれる「ショーグンホルモン」さん。

「ホルモン居酒屋」がコンセプトのようです。

引用:http://www.nikufes.jp

ゼスト キャンティーナ」さんの「福島牛A4厳選プレミアム牛カツ」。

キャンティーナとはメキシコの酒場の事らしいです。

「ゼスト キャンティーナ」さんは、新鮮な素材と手作りにこだわった、モダンメキシコ料理やコンテンポラリーアメリカ料理を提供してくれます。

引用:https://www.nikufes.jp

肉処 天穂(てんすい)」さんの「A4・A5熟成佐賀牛 ステーキ&焼きしゃぶ」。

「肉処 天穂」さんは、非常に希少価値が高い雌牛にこだわった焼肉店です。

最高級の和牛を求めて、辿り着いた答えが、処女牛だったようです。

引用:https://www.nikufes.jp

肉バル Carne Tribe」さんの「肉厚ジューシー!カルネバーガー」。

「肉バル Carne Tribe」さんは、門前仲町駅より徒歩2分の所にある、肉料理とクラフトビールなどが楽しめるお店です。

引用:https://www.nikufes.jp

サクレフルール 神楽坂」さんの「サーロインステーキ3種のソース」です。

神楽坂にオープンしたフレンチビストロ「サクレフルール 神楽坂」さん。

サクレフルールはパリで大変人気のレストランのようです。

引用:https://www.nikufes.jp

ぶたや 一歩一歩」さんの「三元豚のガーリック&ハーブスパイス焼き」。

オーナー厳選の銘柄豚と産地直送の新鮮な野菜を提供してくれる「ぶたや 一歩一歩」さん。

残念ながら肉フェスでは食べられませんが、ビッグサイズの「餃子」は金賞受賞しているようですよ。

「餃子」が食べたい人は四ツ谷駅から徒歩2分の店舗へ。

引用:https://www.nikufes.jp

表参道 Lounge 1908」さんの「ガチ盛り!! 絶品牛ハラミステーキ!」。

「表参道 Lounge 1908」さんは、1Fが厳選されたコロンビア豆の焙煎スペシャリティコーヒーとロハスをテーマにしたオールデイカフェ、2Fが素材にこだわったイタリアンとフレンチを融合させたイタリアンフレンチをベースとした創作料理が楽しめるレストランになっています。

引用:https://www.nikufes.jp

韓国料理 焼肉ハヌリ」さんの「辛うま!とろ〜りチーズダッカルビ」。

東京に数千店ある韓国料理店の中から、厳正な現地調査による試食等から、韓国食材団と服部栄養専門学校に「優秀韓食レストラン」に認定されたお店のようです。

引用:https://www.nikufes.jp

肉塊UNO」さんの「圧倒的な赤身肉!希少な牧草牛ステーキ!」。

「肉塊UNO」さんは、おいしいだけでなく、体に良い、良質な赤身肉を提供してくれる、牧草牛をベースにした塊肉専門店です。

引用:https://www.nikufes.jp

鉄板焼 ミキスケ」さんの「厚切り牛タン塩」。

「鉄板焼 ミキスケ」さんは、お肉の概念を変える柔らかお肉(新鮮なA5ランクの和牛)をリーズナブルに提供してくれる日本橋の鉄板焼店です。

「鉄板焼 ミキスケ」さんの出店は4/26〜5/1迄ですので、「鉄板焼 ミキスケ」さんが、お目当てで肉フェスに行かれる方は日程に気をつけて下さい。

引用:https://www.nikufes.jp

銀座WORLD DINER」さんの「特製旨ネギだれの炙り極上タン」。

「銀座WORLD DINER」さんは、銀座1丁目から徒歩2分の「キラリトギンザ7階」にあり、銀座の夜景が望める、焼肉屋とは思えないスタイリッシュなお店です。

「銀座WORLD DINER」さんの出店は5/2〜5/6迄ですので、「銀座WORLD DINER」さんが、お目当てで肉フェスに行かれる方は日程に気をつけて下さい。

引用:https://www.nikufes.jp

飲めるハンバーグ」さんの「飲めるハンバーグ」。

国産黒毛和牛・A5ランクのお肉を使用した「飲めるハンバーグ」さんの名物「飲めるハンバーグ」。

お肉の挽き方と調理方法に美味しさの秘密があり、二度挽きすることによってお肉が格段に柔らかくなって、極上の舌触りと溢れんばかりの肉汁が楽しめるようです。

引用:https://www.nikufes.jp

炭火焼肉 いまがわ」さんの「鳥取和牛炙り寿司」。

鳥取県伯耆町の精肉店「ミート&デリいまがわ」さんが直営する焼肉店、「炭火焼肉 いまがわ」さん。

伯耆町の前田牧場和牛を一頭買いして、リーズナブルな価格設定で美味しいお肉を提供してくれるようです。

引用:https://l-tike.com

他に「MEAT STAND」では「無添加ジャンボソーセージ 英国風&スパイシー」が、「ライスSTAND」では「特製肉うどん/肉茶漬け/ライス/玄米おにぎり」が食べられます。。

2.肉フェス TOKYO 2019 の、お肉以外の出店店舗とメニュー

1.スイーツ店舗

引用:https://www.nikufes.jp

北の綿雪」さんの「綿雪(いちご/マンゴー/チョコ/ミルク)」。

引用:https://www.nikufes.jp

高級芋菓子 しみず」さんの「しみずの”贅沢”芋パフェ」。

引用:https://www.nikufes.jp

TUTU」さんの「台湾盆栽タピオカ/台湾黒糖タピオカミルク」。

2.ドリンク店舗

引用:https://www.nikufes.jp

hokkaido brewing」さんの「肉フェス限定”ラ・フランスハニー” ほか」。

引用:https://www.nikufes.jp

富士桜高原麦酒」さんの「富士桜高原麦酒 ほか」。

引用:https://www.nikufes.jp

FAR YEAST BREWING」さんの「東京ホワイト ほか」。

引用:https://www.nikufes.jp

COEDO」さんの「COEDO 毬花・瑠璃・伽羅・漆黒」。

スポンサーリンク

他に、「オフィシャルドリンクSTAND」で「ビール、レモンサワー ほか」が、「ソフトドリンクSTAND」では「ソフトドリンク各種」が飲めます。

3.肉フェス OSAKA 2019

引用:https://www.nikufes.jp

肉小僧 匠」さんの「旨すぎる!上牛タンネギ焼き」。

「肉小僧 匠」さんは、上質なA5ランク和牛を驚きのプライスで提供してくれるお店のようです。

引用:https://www.nikufes.jp

EFE KEBAB」さんの「チキンケバブ」。

「EFE KEBAB」さんのケバブは、日本一美味しいケバブを決める「ケバブグランプリ」で3連覇を達成して殿堂入りしているようです。

引用:https://www.nikufes.jp

神戸牛専門店吉祥吉」さんの「神戸牛極上赤身ステーキ」。

「神戸牛専門店吉祥吉」さんでは、兵庫県内数か所で年間約50回程度開かれるセリで1回ごとに1頭だけ最も優れた肉質であると判定された「チャンピオン神戸牛」と、チャンピオン以外では優秀賞・優良賞・優等賞の4等賞までの入賞牛だけをすべて一頭買いで仕入れているようです。

引用:https://www.nikufes.jp

ホルモン大吾朗」さんの「内臓専門 大吾朗名物 超ド級ホルモン」。

阪急石橋駅から徒歩2分ほどの所にある「ホルモン大吾朗」さん。

毎日新鮮なて国産牛のホルモンを仕入れているそうです。

引用:https://www.nikufes.jp

表参道 Lounge 1908」さんの「ガチ盛り!! 絶品牛ハラミステーキ!」。

「表参道 Lounge 1908」さんは、1Fが厳選されたコロンビア豆の焙煎スペシャリティコーヒーとロハスをテーマにしたオールデイカフェ、2Fが素材にこだわったイタリアンとフレンチを融合させたイタリアンフレンチをベースとした創作料理が楽しめるレストランになっています。

引用:https://www.nikufes.jp

まだん」さんの「とろ〜りチーズチョアチキン」。

漫画「美味しんぼ」に登場した事もある本格韓国料理のお店「まだん」さん。

韓国から直接取り寄せた素材で作る「まだん」さんの料理は、本場韓国の味を再現しています。

因みに「まだん」とは、ハングル語で「憩いの場」「集いの場」の意味らしいです。

引用:https://www.nikufes.jp

創業1978 焼肉こじま 難波店」さんの「41年の歴史を創った幻のハラミ」。

大阪・羽曳野で40年以上もの間、愛されてきた「焼肉こじま」さん。

屠場直送の新鮮ホルモン、名物厚切り赤身肉、ずっと変わらない絶品タレと、難波店も本店 羽曳野と同様にリーズナブルで美味しいお肉が堪能出来ます。

「関西焼肉女王 いかりん」「寺門ジモンさん」も絶賛されているようです。

引用:https://www.nikufes.jp

森精肉店」さんの「飛騨牛 牛かつ 山葵添え

創業35年の「森精肉店」さんは、食肉への安心・安全をモットーに、こだわりのお肉を届けてくれる精肉店です。

引用:https://www.nikufes.jp

門崎熟成肉 格之進」さんの「門崎熟成肉 塊焼き+牛醤」。

「門崎熟成肉」とは、「いわて南牛」を中心とした、岩手県産黒毛和牛を、格之進さん独自の熟成方法で旨みを凝縮させたお肉のようです。

引用:https://www.nikufes.jp

肉処 天穂(てんすい)」さんの「A4・A5熟成佐賀牛 ステーキ&焼きしゃぶ」。

「肉処 天穂」さんは、非常に希少価値が高い雌牛にこだわった焼肉店です。

最高級の和牛を求めて、辿り着いた答えが、処女牛だったようです。

引用:https://www.nikufes.jp

石焼ハンバーグ&ステーキ Hamburg」さんの「国産ステーキのチーズフォンデュ」。

神戸・三宮にある「石焼ハンバーグ&ステーキ Hamburg」さん。

店名はハンバーグの起源となったドイツの都市「Hamburg」から付けられたらしいです。

引用:https://www.nikufes.jp

焼肉 海老洲」さんの「57年秘伝のタレ! 贅沢ハネシタ焼チシャ巻き」。

1961年創業の大阪のこだわり焼肉店「焼肉 海老洲」さん。

A5ランク以上のお肉を厳選して提供してくれます。

引用:https://www.nikufes.jp

スリープレイス」さんの「三河牛と三河もち豚の肉バーガー」。

ホテル「アットインホテル名古屋駅」の1Fに、2019年2月24日にOPENしたカフェ「THREE PLACE(スリープレイス)」さんは、名古屋の老舗喫茶店「サンモリッツ」さんがプロデュースする新業態店です。

「スリープレイス」さんは、エンターテイメント性の高い個性的なメニューを味わえるカフェバルのようですが、肉バーガーは圧巻のようですよ。

引用:https://www.nikufes.jp

北新地 乾坤一擲(けんこんいってき)」さんの「塩麹漬け厚切り牛タンの鉄板焼」。

北新地駅・西梅田駅から徒歩2分にある、オフィス街の隠れ家居酒屋が「乾坤一擲」さんです。

旬の魚や自社栽培野菜、全国より厳選する豊富な日本酒など、様々な食材との出会いが楽しめるお店です。

引用:https://www.nikufes.jp

職人のからあげ 華鳥」さんの「中津からあげ」。

「職人のからあげ 華鳥」さんの「中津からあげ」は、老若男女問わず美味しく食べられる、熟成ダレとオリジナルペーストを配合した薄味のからあげです。

引用:https://www.nikufes.jp

飲めるハンバーグ」さんの「飲めるハンバーグ」。

国産黒毛和牛・A5ランクのお肉を使用した「飲めるハンバーグ」さんの名物「飲めるハンバーグ」。

お肉の挽き方と調理方法に美味しさの秘密があり、二度挽きすることによってお肉が格段に柔らかくなって、極上の舌触りと溢れんばかりの肉汁が楽しめるようです。

引用:https://www.nikufes.jp

銀座WORLD DINER」さんの「黒毛和牛炙り寿司」。

「銀座WORLD DINER」さんは、銀座1丁目から徒歩2分の「キラリトギンザ7階」にあり、銀座の夜景が望める、焼肉屋とは思えないスタイリッシュなお店です。

引用:https://www.nikufes.jp

他に「MEAT STAND」では「無添加ソーセージ 英国風&スパイシー(2本)」が、「ライスSTAND」では「ライス/玄米おにぎり」が食べられます。。

4.肉フェス OSAKA 2019 の、お肉以外の出店店舗とメニュー

1.スイーツ店舗

引用:https://www.nikufes.jp

LOHAS BEANS」さんの「タピオカdeソフト」。

引用:https://www.nikufes.jp

北の綿雪」さんの「綿雪(いちご/マンゴー/チョコ/ミルク)」。

引用:https://www.nikufes.jp

高級芋菓子 しみず」さんの「しみずの”贅沢”芋パフェ」。

2.ドリンク店舗

引用:https://www.nikufes.jp

FAR YEAST BREWING」さんの「東京ホワイト ほか」。

引用:https://www.nikufes.jp

hokkaido brewing」さんの「肉フェス限定”ラ・フランスハニー” ほか」。

引用:https://www.nikufes.jp

スプリングバレー」さんの「496「よんきゅうろく」ほか」。

他に、「BEER STAND」で「ビール」、「オフィシャルドリンクSTAND」で「ビール、アルコール各種」、「ソフトドリンクSTAND」では「ソフトドリンク各種」が飲めます。

各会場へのアクセスは

引用:https://www.nikufes.jp

1、東京会場

会場:お台場特設会場 お台場青海地区P区画

住所:江東区青海1-1-16

アクセス:ゆりかもめ 台場駅から徒歩5分、りんかい線 東京テレポート駅から徒歩7分

2.大阪会場

会場:長居公園 自由広場

住所:大阪市東住吉区長居公園1-1

アクセス:Osaka Metro 御堂筋線 長居駅から徒歩2分

スポンサーリンク

まとめ

私は関西在住なので、なんとか時間を見つけて大阪の会場に行ってみたいと思っています。

どのお店もとても気になるお店ばかりなので、どのお店に行くか迷ってしまいますが、流石に全店のお肉は食べられないと思うので、あらかじめ考えてからお目当てのお店に行って、それからお腹と相談しながら食べ歩くつもりでいます。

個人的には東京会場、大阪会場、共に出店されている、「飲めるハンバーグ」さんの「飲めるハンバーグ」が、とても気になっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする