ふたご座流星群、12月13日、14日が見頃、気になる天気は?

三大流星群の一つ、ふたご座流星群は12月13日、14日が見頃のようです。

スポンサーリンク

ふたご座流星群、12月13日、14日が見頃、再接近は16日

引用:https://www.gifu-np.co.jp

毎年12月14日頃を中心に活動する、三大流星群の一つ、ふたご座流星群は今年も12月13日、14日が見頃のようです。

ふたご座流星群は12月12日頃から流星が増え始めて、17日頃まで続くようです。

この間は、連日20時頃から流星が出現し、夜明けまで見られるようです。

特に多く流星が見られるのが12月13日と14日になると思われ、12月14日の21時頃には、流星群自体の活動が最も活発になる極大を迎えると予想されています。

ふたご座流星群は、年間最大の流星群として知られており、最も多いときは、1時間の間に40個以上の流星を見る事が出来るようですよ。

観察は肉眼で見られるのも嬉しいですね。

ウィルタネン彗星も見られるかも

引用:http://blog.ryutao.main.jp

ふたご座流星群が見られる同時期にウィルタネン彗星も地球に近づきます。

ウィルタネン彗星は12月16日に地球に再接近ので、オリオン座やおうし座の辺りを観察すると、緑色の光を放つウィルタネン彗星を見る事が出来るようです。

ウィルタネン彗星を見るには肉眼では見え難いようですので、双眼鏡を用意しましょう。

スポンサーリンク

そもそも「ふたご座流星群」とは

引用:https://www.study-style.com

ふたご座流星群は1月に見られる「しぶんぎ座流星群」と、8月に見られる「ペルセウス座流星群」と共に「三大流星群」と言われています。

ふたご座流星群は、ふたご座α星付近を放射点として出現する流星群で、ふたご座流星群に酷似した軌道の小惑星ファエトンが母天体とされています。

かつては彗星だったファエトンが、以前に放出したチリが地球の軌道と交差する軌道を巡ってふたご座流星群になったとされているようです。

気になる天気は?

引用:https://tenki.jp

ふたご座流星群が見られる12月13日と14日の天気が気になりますね。

今年は太平洋側は晴れの予想が出ているので、ふたご座流星群がよく見えそうですね。

日本海側は雪や雨が予想されているので、残念ながらふたご座流星群はよく見えない可能性が高そうです。

スポンサーリンク

まとめ

宇宙の事はよくわかりませんが、彗星や流星が見られると聞くと、ワクワクしますね。

特にふたご座流星群は早い時間から見られるのでとても嬉しいです。

今夜は外に出て空を眺めてみようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする