子供用の「税金かるた」が話題に

キッザニア東京で配布配布されてきた、子供用の「税金かるた」が話題になっているようです。

スポンサーリンク

子供用の「税金かるた」が話題に

引用:https://this.kiji.is

2015年に東京法人会連合会(東法連)が作成した、子供用の「税金かるた」が、話題になっているようです。

「税金かるた」は、都内の児童館や子ども向け職業体験施設「キッザニア東京」で配布されてきましたが、その内容が「税金の仕組みがよく分かる」という肯定的な意見もありますが、「世知辛い」、「辛くなる」、「笑うしかない」などの批判的な受け止めも出ており、インターネット上で話題となっているようです。

「税金かるた」の内容は?

引用:https://www.tohoren.or.jp

「税金かるた」は、中小企業でつくる東京の納税協力団体「東京法人会連合会(東法連)」が、子供用として2015年に作成したもので、五七五の形式で、自動車税や、たばこ税などの様々な種類の税を紹介しており、中には適正申告を呼び掛ける札もあるようです。

「税金かるた」の内容の一例です。

引用:http://www.tokyo-np.co.jp

ですが、インターネット上では「嬉しそう 酒税を納める お父さん!」は、「悲しそう 酒税を納める お父さん!」の間違いではないのか? なんて声もあるようです。

スポンサーリンク

インターネット上の様々な声に対して、東京法人会連合会(東法連)は、賛否があるのは知っているが、「税金かるた」が税に関心を持つきっかけになれば、との考えから「遊びながら税に親しんでほしい」というコメントを出しているようです。

「税金かるた」を作成した、東法連とは?

引用:https://www.tohoren.or.jp

「税金かるた」を作成した東法連とはどのようなものなのでしょうか。

東法連の正式名称は「一般社団法人東京法人会連合会」で、法人区分は「一般社団法人である移行法人」となります。

事業の概要は

税知識の普及、納税意識の高揚に努め、税制・税務に関する提言を行い、もって適正・公平な申告納税制度の維持・発展と税務行政の円滑な執行に寄与するとともに、地域企業と地域社会の健全な発展に貢献する。

引用:https://www.weblio.jp

というものです。

ちょっと分かり難いですが、簡単に書くと「中小企業でつくる東京の納税協力団体」という事のようです。

「税金かるた」を入手する方法

引用:https://www.tohoren.or.jp

「税金かるた」は、残念ながら市販はされていません

都内の児童館や子ども向け職業体験施設「キッザニア東京」で配布されていたようです。

本日(2019年1月29日)、キッザニア東京に確認してみましたところ、キッザニア東京では、昨年11月に税に関するイベントがあり、そのイベントに法人会の人が来られて、イベント期間中に「税金かるた」を配布されていたようで、残念ながらキッザニア東京での配布は終了しているそうです。

また、東京法人会連合会(東法連)にも問い合わせてみましたところ、都内のイベントで配布をして、現在は在庫切れの状態にあるようです。

残念ながら「税金かるた」の重版は現在のところ未定との事です。

ですが、今後も、もしかしたら「税金かるた」の再配布があるかもしれないようですので、気になる人は時間をおいて東京法人会連合会(TEL 03-3357-0771)に確認してみては如何でしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

大人が見ると批判的な意見もある「税金かるた」ですが、私自身は、子供の頃は税金の事について何も分かっていなかったので、子供の頃に「税金かるた」があれば、私ももう少し税金について子供ながらに考えるきっかけになっていたかもしれません。

私は「税金かるた」、ちょっと欲しいな、と思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする