ファミリーマートが独自のスマホ決済サービスを導入へ

コンビニ大手のファミリーマートが、スマートフォンのアプリを使い、来年7月から独自の電子マネーによる決済サービスを始めるようです。

スポンサーリンク

ファミリーマートが独自のスマホ決済サービスを導入へ

引用:http://news.livedoor.com

コンビニ大手のファミリーマートが、スマートフォンのアプリを使い、来年7月から独自の電子マネーによる決済サービスを始めると、ユニー・ファミリーマートホールディングスが2018年12月27日に発表しました。

ファミリーマートが導入するスマートフォンのアプリは、独自の電子マネー「ファミペイ」で、2019年7月より全国のファミリーマートの店舗約1万7000店で使えるようになる他、ドン・キホーテ(ユニー)でもファミペイを使えるように協議中とのことです。

ファミリーマートの電子マネー「ファミペイ」とは

引用:https://japanese.engadget.com

「ファミペイ」は、バーコード決済に対応した残高チャージ式の電子マネーです。

スマートフォン(スマホ)に専用のアプリをダウンロードして、スマホの画面にバーコードを表示させて、それを店員さんが読み取ると、代金が支払われる仕組みです。

店頭で現金をチャージして使ったり、クレジットカードとひも付けて決済する事も可能です。

Tポイント」など、他社のポイントサービスとも連携し、提携先のポイントを貯める事は出来ますが、独自のポイントは付与されません。

その分、買い物の金額に応じてキャッシュバックする仕組みを設けるようです。

ファミペイを導入する事で、「キャッシュレス化を推進して、お客様の利便性を向上させる」「ビッグデータの活用により、商品サービスの開発や来店促進を促す」「店舗における省力化の推進」などの効果が見込まれると考えられているようです。

コンビニ最大手のセブンーイレブンでも

引用:http://www.itmedia.co.jp

コンビニ最大手のセブン‐イレブンもスマートフォンで支払いが出来る、独自のスマホ決済を始める計画があり、2019年夏までに導入を進めているようです。

電子マネー「nanaco」などの既存サービスは、スマホ決済導入後も継続して提供されるようです。

スポンサーリンク

まとめ

キャッシュレス化の推進が、時代の流れなので仕方ない事だとは思いますが、スマホを使った独自の決済サービスは、「LINE Pay」「PayPay」「Origami」「楽天Pay」「d払い」「Google Pay」「Apple Pay」「モバイルSuica」など既に沢山あるようですね。

私は近所のセブン‐イレブンをよく利用させて頂いておりますが、セブン‐イレブンで独自のスマホ決済が導入されても(その時の状況にも寄りますが)既存の電子マネー「nanaco」が継続して使えるようなので、そのまま「nanaco」を使い続けるような気がしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする