「ちびまる子ちゃん」の完結巻(17巻)、12月25日に発売!

国民的人気漫画「ちびまる子ちゃん」の完結巻(17巻)が12月25日に発売されるようです。

スポンサーリンク

「ちびまる子ちゃん」の完結巻(17巻)、12月25日に発売!

引用:https://news.nifty.com

国民的人気漫画「ちびまる子ちゃん」の最新巻「17巻」2018年12月25日に発売される事が12月18日に集英社より発表がありました。

「ちびまる子ちゃん」は、今年8月に53歳の若さでお亡くなりになられた漫画家さくらももこさんの代表作です。

さくらももこさんがお亡くなりになられているので、この「17巻」が「ちびまる子ちゃん」の完結巻となります。

「ちびまる子ちゃん」の完結巻(17巻)の気になる内容は?

引用:http://chibimaru.tv

「ちびまる子ちゃん 17巻」には、7本が収録されます。

少女向け月刊漫画誌「りぼん」の2010年2号~2014年5号までに不定期掲載された作品5話(「まる子、通帳をなくす」の巻、「ピラミッドパワーのなぞをさぐる」の巻、「まる子、マツタケを欲しがる」の巻、「藤木、おとし玉を落とす」の巻、「ぜんぜん知らない親せきの人」の巻)と、2011年8月超特大号にちびまる子ちゃん誕生25周年記念で描いた第1話のセルフリメイク『「おっちゃんのまほうカード」の巻 』と、2014年の集英社ムック「おめでとう」に掲載され、「りぼん」未掲載の『「まる子、ハワイに憧れる」の巻 』が収録されます。

そもそも「ちびまる子ちゃん」とは

引用:http://www.geocities.jp

「ちびまる子ちゃん」は、1974~75年に静岡県清水市で少女時代を過ごされた作者のさくらももこさんが、さくらさんご自身の投影である小学3年生のまる子の日常を描くエッセー風コメディー漫画です。

1986年~1996年6月号まで少女向け月刊漫画誌「りぼん」で定期連載され、その後は単発で不定期掲載されていました。

単行本の売り上げは累計で3200万部に達しているようです。

TVアニメはフジテレビ系で第1期が1990年1月~1992年9月まで放送され、第2期は1995年1月から放送され、現在も放送中です。

「ちびまる子ちゃん 17巻」と同時発売の作品も

引用:https://www.cinematoday.jp

2018年12月25日に「ちびまる子ちゃん 17巻」と同時発売になる作品もあるようです。

1.「ちびしかくちゃん」2巻

引用:http://grandjump.shueisha.co.jp

「ちびしかくちゃん」は、さくらももこさんによる「ちびまる子ちゃん」のセルフパロ
ディ漫画です。

本家のまる子ちゃんよりも「何かと角が立つ」しか子ちゃんが、世知辛い世間を頑張って生き抜いて行きます。

2.「COJI-COJI」新装再編版1巻

引用:https://www.s-manga.net

「COJI-COJI」は、メルヘンの国の自由気ままな宇宙生命体「コジコジ」の暮らしを描いたナンセンスでシ ュールなギャグ漫画です。

新装再編版1巻には、コジコジがこの世に初めて登場した話「コジコジ メルヘンストーリー」が初収録されます。

2019年1月25日に発売予定の「COJI-COJI 新装再編版2巻と3巻」にもコミックス未収録の作品が収録されるようです。

3.「4コマちびまる子ちゃん」

引用:https://booklive.jp

新編集の電子版コミックスで「4コマちびまる子ちゃん」の電子版第1巻も発売されるようです。

スポンサーリンク

まとめ

いよいよ「ちびまる子ちゃん」も完結巻が発売されるのですね。

さくらももこさんと私は同世代なので、さくらももこさんの訃報のニュースを見た時は本当にショックでした。

さくらももこさんは逝ってしまいましたが、ちびまる子ちゃんはこれからもずっと、ページを開けばいつでも私たちをほのぼのと向かえてくれる事でしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする