ちゃんちゃん祭、見どころ、アクセスなど

今年も4月1日に「ちゃんちゃん祭」が行われます。

スポンサーリンク

「ちゃんちゃん祭」とは

引用:https://rurubu.jp

毎年4月1日に、奈良県天理市新泉町の大和神社で行われる、旧大和郷に該当する9町の氏子による祭礼を、一般的には通称「ちゃんちゃん祭り」と呼んでおり、ちゃんちゃん祭りは、大和路(奈良)に春を告げる祭りとも言われているようです。

旧大和郷に該当する9町(長柄町・三昧田町・佐保庄町・萱生町・兵庫町・新泉町・成願寺町・岸田町・中山町)各町で1年交代の頭屋(とうや)が選ばれます。

頭屋は祭りの期間に自宅の玄関に門飾りを飾り、頭屋1軒につき十歳頃までの男子が頭人児(とうにんご)となって、頭屋と共に神事に参加します。

祭りの期間は3月23日~4月2日で、3月23日「宮入り」、3月31日「宵宮渡り・宵宮祭」、4月1日「御渡り(神幸祭)」、4月2日「後宮祭(神楽祭)」となります。

頭屋と頭人児は3月23日の「宮入り」から、毎日神社に参拝し、3月31日の「宵宮渡り(よいみやわたり)」では、頭屋に産子幣(うぶこへい)が授与されます。

4月1日午前に例祭の神事があり、午後に各町から装束に着替えた御渡りに参列する人々が境内に集まり、「ちゃんちゃん祭り」の中心をなす「御渡り(神幸祭)」の行列が始まります。

因みに「ちゃんちゃん祭り」は2018年2月2日付で奈良県指定無形民俗文化財に指定されたそうです。

「ちゃんちゃん祭り」の見どころは?

引用:http://www.city.tenri.nara.jp

「ちゃんちゃん祭り」の見どころは4月1日の午後から始まる「御渡り(神幸祭)」の行列です。

本社である大和神社の神輿や、その摂社である増御子神社の神輿を中心にして、各町の産子幣、山鉾風流傘等の様々な持ち物、騎馬武者馬、楽人等に扮した100名以上の行列が、大和神社を出発して、岸田の市場というところにある腰掛け石で休憩し、山辺・式上の群境をしばらく歩き、中山大塚古墳のすぐ近くにあるお旅所へ向かいます。

「御渡り(神幸祭)」の行列で、青銅の鉦(かね)を撞木(しゅもく)で「ちゃんちゃん」と鳴らすことから、通称「ちゃんちゃん祭り」と呼ばれるようになったようです。

「ちゃんちゃん祭り」が行われる大和神社とは

引用:https://ja.wikipedia.org

大和神社は「おおやまとじんじゃ」と読みます

大和神社の起源は明確ではないようですが、祭神は、中殿に「日本大国魂大神(やまとおおくにたまのおおかみ)」、左殿に「八千戈大神(やちほこのおおかみ)」、右殿に「御年大神(みとしのおおかみ)」の3柱を祀っています。

また、戦艦大和には、同じ「大和」の名から、大和神社の祭神の分霊が艦内で祀られていたようです。

引用:https://www.tripadvisor.jp

1945年(昭和20年)に沖縄沖で沈没した戦艦大和で亡くなられた2717名が、末社・祖霊社に合祀されており、1969年(昭和44年)には「戦艦大和記念塔」が境内に建立されました。

1972年(昭和47年)9月24日、巡洋艦矢矧外駆逐艦8隻の戦没者も合祀され、坊の岬沖海戦の全戦死者3721柱が国家鎭護の神として祀られているようです。

大和神社へのアクセス

大和神社の所在地:奈良県天理市新泉町306 

大和神社の連絡先:0743-66-0044

1.公共の交通機関を利用の場合

JR万葉まほろば線、長柄駅から徒歩で約8分。

近鉄、天理駅より奈良交通バス(桜井駅行きバス)で約10分、大和神社前下車、徒歩約5分。

近鉄、桜井駅より奈良交通バス(天理駅行きバス)で約20分、大和神社前下車、徒歩約5分。

2.自動車の場合

西名阪自動車道天理インターから約15分.

駐車場は、一の鳥居をくぐり、すぐ左側にあるようです(15台・無料)。

スポンサーリンク

まとめ

「ちゃんちゃん祭り」が行われる大和神社が、戦艦大和とゆかりの神社である事をしり、是非とも1度足を運んでみたいと思いました。

「ちゃんちゃん祭り」の「御渡り(神幸祭)」の行列も見てみたいので、今年の4月1日は平日ですが、なんとか時間を作っていってみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする