絵師の黒碧天さんが心筋梗塞で死去、コミケで倒れて…

絵師の黒碧天さんが年末のコミックマーケットで倒れて搬送されましたが、心筋梗塞で死去されました。

スポンサーリンク

コミケで倒れて、絵師の黒碧天さんが心筋梗塞で死去されました

引用:http://blog.livedoor.jp

絵師の黒碧天さんが年末のコミックマーケットで倒れて搬送されましたが、心筋梗塞で死去されました。

黒碧天さんが倒れた際に、救急隊が駆けつけるまでの間、多くの人が心臓マッサージやAEDなどの救命活動を行っていたようですが、残念ながら44歳の若さで心筋梗塞で死去されました。

黒碧天さんは、親族親類に看取られながら、2019年1月1日に静かに息を引き取られたようです。

黒碧天さんの健康状態はどうだったの?

引用:http://blog.livedoor.jp

心筋梗塞でお亡くなりになった黒碧天さんですが、健康状態はどうだったのでしょうか?

黒碧天さんは、特に持病は無く、過去に大病を患った事もなかったようです。

心筋梗塞が起きた原因として考えられるのは、日頃の偏った食事喫煙習慣、そして締め切り前の徹夜昼夜逆転の生活などが続いた事が、もしかしたら死につながってしまったのかもしれないと考えられているようです。

そもそも黒碧天さんとは?

引用:http://blog.livedoor.jp

44歳の若さでお亡くなりになった黒碧天さんはどのような活躍をされていたのでしょうか?

黒碧天さんはゲームとかアニメ関係のイラストや漫画を主に描いておられた絵師のようです。

同人活動などもされていたようですね。

スポンサーリンク

因みに、黒碧天さんの名前の読み方は「くろへきてん」と読むようです。

黒碧天さんがサークル参加していたコミックマーケットとは?

引用:https://www.comiket.co.jp

コミックマーケット準備会が主催する世界最大の同人誌即売会の事を、コミックマーケットと言うようです。

コミケコミケット、などと略して呼ばれてもいます。

毎年8月(夏コミ)と年末(冬コミ)に年2回、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で行われています。

引用:https://www.axscom.co.jp

黒碧天さんが今回サークル参加していたのは「コミックマーケット95」という催で、2018年12月29日~31日に行われました。

サークル参加というのは、コミックマーケットより与えられた個々のブースで、自作の同人誌やグッズなどの頒布を行う参加者の事です。

コミックマーケットでは通称「サークル」と呼ばれているようです。

コミックマーケットの会場ではコスプレイヤー(一般参加者)によるコスプレもあって、ファンを楽しませてくれているようですね。

スポンサーリンク

まとめ

私はコミックマーケットや同人誌の事はよくわかりませんが、黒碧天さんのような才能のある方が、44歳という若さでお亡くなりになられた事はとても残念に思います。

残念ながら黒碧天さんの命は助かりませんでしたが、心臓マッサージやAEDなどの救命活動をされていた方達の行動力にも頭が下がる思いです。

黒碧天さんのご冥福を心からお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする