20年ぶりに紙幣のデザインが一新されます

2024年度上期をめどに、1万円札、5千円札、千円札の3紙幣のデザインが一新される事になりました。

スポンサーリンク

20年ぶりに紙幣のデザインが一新されます

引用:https://www.asahi.com

2019年4月9日の午前に、2024年度上期をめどに、1万円札、5千円札、千円札の3紙幣のデザインが一新される事が、麻生太郎財務相から発表されました。

紙幣のデザインが一新されるのは、2004年以来、約20年ぶりとなります。

デザインを一新する目的は、偽造防止を目的として、これまでも約20年ごとに紙幣のデザインを変えてきたからだと理由を説明されました。

新デザインは、1万円札は、表が渋沢栄一氏、裏が東京駅の丸の内駅舎、5千円札は、表が津田梅子氏、裏が藤の花、千円札は、表が北里柴三郎氏、裏が富嶽三十六景の「神奈川沖浪裏」が採用されます。

流通枚数が少ない2千円札の刷新は、今回は見送られました。

500円硬貨も新硬貨を発行

引用:https://www.asahi.com

21年上期をめどに、素材などを変えた500円硬貨の新硬貨も発行される事も発表されました。

これまでの500円硬貨は、ニッケル黄銅でしたが、そこに白銅と銅も混ぜて2色3層にされた新硬貨となるようです。

詐欺に注意の呼びかけも

引用:https://www.city.joetsu.niigata.jp

新紙幣、新硬貨が発行されても、現行の紙幣、硬貨も引き続き使用出来ます

財務省は、

「現行の日本銀行券が使えなくなる」

引用:https://www.asahi.com

などと言った詐欺に引っかからないように、注意を呼びかけています。

過去に紙幣が変わったときも、新・旧の紙幣を併用して使用出来ましたが、今回も同様に新・旧の紙幣を併用して使用出来るので、古いお金を持っていても大丈夫です。

新紙幣のデザインに使用される人物はどのような人達なのでしょうか?

引用:https://www.asahi.com

新紙幣のデザインに使用される人物はどのような人達なのでしょうか?

お札ごとに見てみましょう。

1.1万円札の渋沢栄一氏

引用:https://www.asahi.com

1万円札に肖像が刷られる渋沢栄一氏は、多種多様な企業、学校の設立・経営に関わった実業家で「日本資本主義の父」とも呼ばれている人物です。

天保11年2月13日(1840年3月16日)に、武蔵国榛沢郡血洗島村(現・埼玉県深谷市血洗島)で生まれました。

江戸時代には徳川慶喜の家臣としても活躍されたようです。

昭和6年(1931年)11月11日に死去されました。

2.5千円札の津田梅子氏

引用:https://www.asahi.com

5千円札に肖像が刷られる津田梅子氏は、日本の教育者で、女子英学塾(のちの津田塾大学)の創立者です。

元治元年12月3日(1864年12月31日)に、江戸の牛込南御徒町(現・東京都新宿区南町)で生まれました。

日本における女子教育の先駆者として活躍されたようです。

初名はうめ(表記は「むめ」)で、明治35年(1902年)に漢字表記に改めた時に「梅子」とされたようです。

生涯独身を貫き、昭和4年(1929年)8月16日に脳出血で死去されました。

3.千円札の北里柴三郎氏

引用:https://www.asahi.com

千円札に肖像が刷られる北里柴三郎氏は、「日本の細菌学の父」として知られる、日本の医学者・細菌学者です。

ペスト菌を発見したり、破傷風の治療法を開発したりして、感染症医学の発展に貢献されました。

1853年1月29日(嘉永5年12月20日)肥後国阿蘇郡小国郷北里村(現・熊本県阿蘇郡小国町)で生まれました。

1931年(昭和6年)6月13日に死去されました。

門下生からはドンネル先生(ドイツ語で雷おやじの意味らしいです)の愛称で親しまれていたようです。

現在~過去のお札のデザインは

引用:https://www.creema.jp

過去のお札のデザインはどのような物があったのかも気になりますね。

ちょっと見てみましょう。

1.1万円札

引用:https://ja.wikipedia.org

これは現在使われている1万円札です。

表には福澤諭吉氏、裏には平等院の鳳凰像が刷られています。

2004年(平成16年)11月1日から発行が開始され、現在も発行されています。

引用:https://ja.wikipedia.org

こちらは1つ前の1万円札です。

表には現在と同様に福澤諭吉氏が刷られていますが、裏には雉が刷られています。

1984年(昭和59年)11月1日に発行が開始され、2007年(平成19年)4月2日に支払いが停止されました。

引用:https://ja.wikipedia.org

こちらが最初に発行された1万円札です。

表には聖徳太子、裏には鳳凰が刷られています。

1958年(昭和33年)12月1日に発行が開始され、1986年(昭和61年)1月4日に支払いが停止されました。

2.5千円札

引用:https://ja.wikipedia.org

これは現在使われている5千円札です。

表には樋口一葉氏、裏には尾形光琳の「燕子花図」が刷られています。

2004年(平成16年)11月1日から発行が開始され、現在も発行されています。

引用:https://ja.wikipedia.org

こちらは1つ前の5千円札です。

表には新渡戸稲造氏、裏には逆さ富士が刷られています。

1984年(昭和59年)11月1日に発行が開始され、2007年(平成19年)4月2日に支払いが停止されました。

引用:https://ja.wikipedia.org

こちらが最初に発行された5千円札です。

表には聖徳太子、裏には日本銀行が刷られています。

1957年(昭和32年)10月1日に発行が開始され、1986年(昭和61年)1月4日に支払いが停止されました。

スポンサーリンク

最初の1万円札と同じく表には聖徳太子が刷られていますが、1万円札より、1年以上前に発行されていたのですね。

3.千円札

引用:https://ja.wikipedia.org

これは現在使われている千円札です。

表には野口英世氏、裏には逆さ富士(本栖湖からの富士山の眺め)と桜が刷られています。

2004年(平成16年)11月1日から発行が開始され、現在も発行されています。

引用:https://ja.wikipedia.org

こちらは1つ前の千円札です。

表には夏目漱石氏、裏にはタンチョウが刷られています。

1984年(昭和59年)11月1日に発行が開始され、2007年(平成19年)4月2日に支払いが停止されました。

引用:https://ja.wikipedia.org

こちらは2つ前の千円札です。

表には伊藤博文氏、裏には日本銀行が刷られています。

1963年(昭和38年)11月1日に発行が開始され、1986年(昭和61年)1月4日に支払いが停止されました。

引用:https://ja.wikipedia.org

こちらは3つ前の千円札です。

表には聖徳太子、裏には法隆寺夢殿が刷られています。

1950年(昭和25年)1月7日に発行が開始され、1965年(昭和40年)1月4日に支払いが停止されました。

引用:https://shop.ginzacoins.co.jp

こちらは現在では使用する事は出来ませんが、甲号券と呼ばれている最初の千円札です。

表には日本武尊と建部神社、裏には彩紋が刷られています。

1945年(昭和20年)8月17日に発行が開始され、1946年(昭和21年)3月2日に通用が停止されました。

4.2千円札

引用:http://ponsuke.site

これは現在も使われている2千円札です。

これまでに発行された2千円札は、これのみです。

表には守礼門、裏には源氏物語絵巻第38帖「鈴虫」の絵図と詞書、及び作者の紫式部、光源氏、冷泉院が刷られています。

第26回主要国首脳会議(沖縄サミット)と西暦2000年(ミレニアム)をきっかけとして、2000年7月19日に発行され、現在生産はされていませんが現在も発行されています。

2千円札のほぼ9割は、沖縄県内で流通しているようです。

過去にはこんなお札もありました

1.500円札

引用:https://ja.wikipedia.org

これは500円が硬貨になる前に使われていた500円札です。

表には岩倉具視氏、裏には富士山が刷られています。

1969年(昭和44年)11月1日に発行が開始され、1994年(平成6年)4月1日に支払いが停止されました。

引用:https://ja.wikipedia.org

こちらは最初の500円札です。

図柄は同じく、表には岩倉具視氏、裏には富士山が刷られています。

1951年(昭和26年)4月2日に発行が開始され、1971年(昭和46年)1月4日に支払いが停止されました。

2.100円札

引用:https://ja.wikipedia.org

これは100円が硬貨になる前に使われていた100円札です。

表には板垣退助氏、裏には国会議事堂が刷られています。

1953年(昭和28年)12月1日に発行が開始され、1974年(昭和49年)8月1日に支払いが停止されました。

引用:https://ja.wikipedia.org

これは1つ前の100円札です。

表には聖徳太子と夢殿、裏には法隆寺が刷られています。

1946年(昭和21年)3月1日に発行が開始され、1956年(昭和31年)6月5日に支払いが停止されました。

引用:https://ja.wikipedia.org

これは2つ前の100円札です。

表には聖徳太子、裏には法隆寺が刷られています。

1945年(昭和20年)8月17日に発行が開始され、1946年(昭和21年)3月2日に通用が停止されました。

引用:https://ja.wikipedia.org

これは3つ前の100円札です。

表には聖徳太子と夢殿、裏には法隆寺が刷られています。

1944年(昭和19年)3月20日に発行が開始され、1946年(昭和21年)3月2日に通用が停止されました。

引用:https://ja.wikipedia.org

これは4つ前の100円札です。

表には聖徳太子と夢殿、裏には法隆寺が刷られています。

1930年(昭和5年)1月11日に発行が開始され、1946年(昭和21年)3月2日に通用が停止されました。

引用:https://www.amazon.co.jp

これは5つ前の100円札です。

表には藤原鎌足と談山神社、裏には日本銀行が刷られています。

1900年(明治33年)12月25日に発行が開始され、1939年(昭和14年)3月31日に通用が停止されました。

引用:https://www.kosenkaitori.org

これは6つ前の100円札です。

表には藤原鎌足、裏には彩紋が刷られています。

1891年(明治24年)11月15日に発行が開始され、1939年(昭和14年)3月31日に通用が停止されました。

引用:https://ja.wikipedia.org

これが最初の100円札です。

表には大黒像、裏には彩紋が刷られています。

1885年(明治18年)9月8日に発行が開始され、1939年(昭和14年)3月31日に通用が停止されました。

3.その他

引用:https://www.ncanet.co.jp

他にも二百円紙幣五十円紙幣二十円紙幣十円紙幣五円紙幣一円紙幣十銭紙幣五銭紙幣、などのお札もありました。

これらのお札の詳細は今回は割愛させて頂きます事をご了承願います。

スポンサーリンク
l

まとめ

定期的にお札のデザインは変わってきましたが、偽造防止の為には必要な事なのでしょうね。

個人的には子供の頃に慣れ親しんでいた聖徳太子の1万円札と5千円札が、一番思い入れがあって好きでした。

千円札なら伊藤博文氏かな。

でも500円札は、これも子供の頃に使っていた記憶もありますが、何故かあまり思い入れが無く、硬貨の方がしっくりくる感じがしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする